『Uボートでもオリョクルがしたい!』(艦これ×サイレントハンター)第二回出撃 ひとりセイロン沖海戦 後編

Pocket

タンカー狂時代

魚雷の残りはあとわずか。
タンカーまで着けば燃料と一緒に魚雷と砲弾の補充もできるので先を急ぎましょう。
弾薬の少ない現状ではどうせ敵を探し回っても満足に仕留められません。せっかく出会った船団を弾薬不足で見逃してしまうのは、とてもとても悔しいものです。

SH4Img@2014-06-29_20.19.36_350
しかし、こんな時に限って敵に出くわすもの。
水平線上から上る煙が6つ見えます。おそらくは敵船団。
護衛がいないことは水中聴音で確認済みなので攻撃は簡単ですが、こちらには船団を全滅させられるほどの弾薬はありません。1隻か、よくて2隻沈めるのがやっと。
とにかく接近しましょう。然る後目視でターゲットを定めて攻撃に移ります。

SH4Img@2014-06-29_20.20.59_645
伊58:「はっちゃん、あのでっかいのがいるよ」
伊8:「1万ト……じゃなくて、T3タンカーね。下手な船ふたつ沈めるより、あれひとつの方が撃沈トン数は多いわ。あの船丈夫だけど、1隻なら手持ちの魚雷全部使ってなんとかなるかも」
伊58:「ゴーヤ知ってるよ、カリョクノイッテンシューチューってやつだね!」

SH4Img@2014-06-29_20.23.15_848 
タンカーに向けて雷撃3。残っていて撃てる魚雷は後部発射管の1本しかありませんが、うまくエンジン部分が爆発を起こし、意外と簡単に沈みました。
これで残りの魚雷は、魚雷庫に残っているものを含めて2発。砲弾は1発も残っておらず、事実上の戦闘不能です。
急いでタンカーに向かうが吉ですね。

3日走ってようやくタンカーに到着。これで燃料も弾薬も万全で哨戒任務に臨めます。
今夜は魚雷の装填に努めましょう。
哨戒地点はここから少し北。実は素通りしてタンカーまで来たのです。

SH4Img@2014-06-29_20.38.26_565
伊58:「はっちゃん、おいしそうなお菓子あった? ……なにそのビン」
伊8:「ザワークラウト。ダメ元でタンカーの人に頼んだらもらっちゃった。ふたつあるけどゴーヤちゃんもいる?」
伊58:「ざわー……なにこれ! 酸っぱい! 臭いがすっぱいでち!」
伊8:「そう? ……うーん、こんなもんじゃないかなあ。ゴーヤちゃん、もう一回嗅いでみて」
伊58:「いやでち! ゴーヤのお鼻もバカになっちゃう!」
伊8:「『も』って言った!? 鼻バカじゃないもん私! 嗅覚は普通だもん!」