深海救難艇と減圧症、沈んだ潜水艦から乗員を救出する困難と克服する方法-潜水艦救難艦とは(前編)

Pocket

そうりゅう型潜水艦が優秀だと言うお話を以前したことがありましたが、その優秀な艦を扱える乗員は艦以上に貴重なものです。潜水艦に何らかのトラブルが起きた場合、潜水艦は浮上するのが鉄則です。しかし、浮上できずに沈んでしまった場合はどうなるのでしょう?

水上艦であれば沈んだ船に生存者がいる可能性は極めて低いのですが、水中で活動することを前提に作られている潜水艦の場合、何らかのトラブルで浮上できずに沈んでしまったとしても中の乗組員が生きている可能性は十分にあります。浅い海であれば海上の船から潜って助けに行けるかも知れませんし、乗組員が自力で脱出することもあるでしょう。しかし、それも叶わない深海に潜水艦が沈んでしまった場合、助ける術はあるのでしょうか?

沈んでいる潜水艦が沈没?

潜水艦というと海の中に「沈んでいる」イメージが強いですが、そうではありません。潜水艦は潜っているのであって、沈んでいるのではないのです。潜水艦乗りにとって「沈む」と言う言葉と「潜る」と言う言葉は全く意味が違います

「沈む」と言うとそれは沈没であり、水中に入ったきり二度と浮いてこれません。一方、「潜る」と言うと「潜航」であり、自分の意志で水中に入り、自分の意志で浮上できる状態です。

そして、潜水艦に何らかのトラブルが起きた場合、少なくともさらに潜ることはありません。通常、トラブルが起きたら浮上してから救援を呼ぶなり修理をするなりして対応します。潜水艦乗りが最も恐るべきは、「浮上できないこと」なのです

しかし、いくら乗組員が注意していても潜水艦のトラブルは起こりますし、戦闘で破損して浮上できなくなってしまうことはあります。そうして浮上できなくなった潜水艦が沈んでしまった場合、潜水艦はどうなるのでしょうか?

 

基本的には、以下の3パターンです。

1.潜水艦は無事で、乗組員も生きている
2.潜水艦に何らかの損傷が発生し浸水する
3.水圧で潰れる

1の場合はラッキーです。戦闘によるトラブルではない場合、このパターンが多いでしょう。
2の場合、浸水エリアを封鎖することができれば浸水していないエリアの乗員は生きています。
3の場合、乗組員は全滅です。

潜水艦が水圧で完全に大破するような環境ではそもそも救助も不可能ですが、それ以外のケースであれば、実は救助が可能です。

深海救難艇(DSRV)とレスキューチェンバー

1505134
(ちよだ搭載の深海救難艇)

上の図は潜水艦救難母艦ちよだに搭載されている深海救難艇です。

潜水艦救難艦については後編でご説明しますが、要はこの深海救難艇を潜水艦が沈没した海域に投下し、潜水艦のハッチに直接接続して救助活動を行います

やたら大きな魚雷にも見える深海救難艇ですが、自由に移動できるというのが最大の強みです。その前は、レスキューチェンバーと言う水上艦から海中にぶら下げて接続させるカプセルを使って潜水艦のハッチに接続していました。レスキューチェンバーは自力で移動が出来ないので、上手く接続させるためのダイバーが必要でした。さらに、水上艦がケーブルを伸ばせる距離までしか潜れないため、深すぎると届きませんし、海流の影響で上手く接続できなかったりするのです。

しかし、この救助艇の優れている部分は移動できることだけではありません。まず、潜水艦のハッチに接続した後、ハッチと救助艇の隙間に入り込んだ水を除去し、ハッチを自力で開けた上、救助艇内部の気圧を調節できる点にあります。

深海の水圧を受けた潜水艦は、放っておくと艦内の気圧も水圧に合わせてある程度上昇します。この「気圧」は、お天気で聞く高気圧や低気圧と言うレベルの気圧変化ではなく、数倍から数十倍と言う高いレベルの圧力変化です。潜水艦が正常に動いている場合はこの気圧も調節されているのですが、沈没した潜水艦内の気圧がどこまで正常に保たれているかは分かりません。もし、艦内に取り残された潜水艦乗りが高い圧力にさらされていた場合、安易に気圧の低い場所に連れ出すと「減圧症」と言う症状が発生し、命に関わります

(次ページ:減圧症について)