不治の病(2): 死ぬまで治らない恐るべき感染症-「狂犬病・プリオン病・エイズ」

Pocket

感染症とは、ウイルスや異常タンパクなどの病気の原因となる病原体が他の生物を通じて人に感染する病気のことです。世界には千を超える病原体が知られていますが、その中で人を死に至らしめることのできる感染症は百を超えます。中には「治療法が存在せず、必ず人を死に至らしめる感染症」というのが存在しています。

致死率99%と言われている狂犬病、原因やメカニズムすら理解されていないプリオン病、人の免疫力を無力化するエイズ。エイズに限ってはウイルスの繁殖を抑えられるような薬が開発されため、必ず死に至る病とは言えなくなりましたが、根治は困難であり、薬を飲み続けなければ死んでしまうでしょう。

そんな恐ろしい3種の感染症についてご紹介していきます。

狂犬病(リッサウイルス感染症)

狂犬病というのは、犬や猫に感染した「狂犬病ウイルス」が動物の唾液などを通じて人に感染する病気です。

また、狂犬病ウイルスはリッサウイルスというウイルスに分類されていて、同系統のウイルスがコウモリなどにも感染しているため、狂犬病というのは「犬からだけ感染する病気ではない」ということに注意して下さい。

この病気が狂犬病と言われるのは、狂犬病ウイルスが人間同士では殆ど感染せず、動物から人へ血液や粘膜経由でしか感染しないので、感染するケースが極めて限定的なのです。例えば、動物に噛まれた時に血液にウイルス入りの唾液が入るか、舐められた時に目や口にウイルス入りの唾液が入るかしない限り、人は狂犬病ウイルスに感染しません。

これはつまり、人を噛む動物がウイルスを持っていて初めて人に感染するということです。

狂犬病ウイルスに感染した哺乳類の多くが攻撃的になりますが、猫は人をひっかくことはあっても噛むことは稀ですし、コウモリなどは接触する事自体が少ないでしょう。しかし、犬は攻撃時に人を噛む上、人と接触する機会が極めて多いため、狂犬病ウイルスに人が感染する機会は圧倒的に犬を経由することが多くなるのです。

狂犬病ウイルスは人の神経細胞を侵すウイルスで、どこから感染しても最終的には脳にたどり着いて脳を破壊するのが特徴です。また、ウイルスによる症状が脳にたどりつかない限り現れないこともあり、感染してから発症までの期間はバラバラです。

手足の先を噛まれれば発症まで2ヶ月前後かかることもありますし、顔の周辺や首すじなどを噛まれると1週間前後で発症することもあります。そのため、大丈夫だと思っても油断できません。

発症するとまず風邪に似た症状が出るようになり、次第に体が痙攣したり、体のあちこちに痛みを感じ、極度の興奮状態に陥るようになります。そして、末期には錯乱症状や幻覚が見えるようになって攻撃的になり、水を飲み込むだけで喉に激痛が走るようになるので水を恐れる(恐水症状)ようになるのです。

水を怖がる犬は危ないと言うのはこのためです。恐水症状が出始めた犬は症状がかなり進行しており、凶暴になっているので近づくと危険なのですね。

そして症状が進行し、ウイルスの脳破壊が深刻になると手足が麻痺して動かせなくなり、意識不明になった後に呼吸困難になって死亡します。意識を失うまでかなりの苦痛を伴う上、発症から死亡まで一週間程度しかなく、治療薬は存在せず、感染した患者は殆どが死亡しています。

治療に成功した例も存在しますが、ミルウォーキー・プロトコル(wikipedia)というかなり過激な治療を行ったようです。ウイルスが脳に到達したら薬で無理矢理昏睡状態にして脳の活動を止め、脳の活動が止まっている間に抗菌薬で治療します。成功率は極めて低い(1割未満)ですが、今のところこれしか方法がありません。

ただし、ワクチンによる予防は可能です。

ワクチンというのは特定のウイルスに対する抵抗力作る薬ですので、ウイルスが増えてしまった発症後に打っても遅いです。そのため、ウイルスが増える前にワクチンを打つ必要があり、確実性に欠けます。一方で、予め打っておけばウイルスが入っても発症しにくくなりますので、対策がある感染症という意味では後述のプリオン病よりマシかもしれません。

(次のページ: プリオン病)