ペットボトルとキャップを分別する本当の理由、プラスチックリサイクルの意外な真実

Pocket

ペットボトルの蓋を外すのが面倒くさいと思ったことはないでしょうか?もしかすると、キャップをつけたままリサイクルに出してしまったことはありませんか?

そもそも、コンビニや自販機の横にあるリサイクルボックスでキャップを分別してくれと書いてある事はありませんし、キャップを分別するにしてもペットボトルにはキャップから分離するリング(開封確認リング)があり、それまで外している人は少ないのではないでしょうか?

完璧に分別されていないケースが多いのにも関わらず、ボトルキャップの分別は奨励されています。そんなペットボトルとキャップにまつわる疑問について考えてみます。

プラスチック製品のリサイクル過程

f28f14c3d794aa45839e59eb87a253f7_s

 

ボトルキャップを分別する理由を考えてみる前に、プラスチック製品のリサイクルがどのように行われているかおさらいしましょう。

プラスチック製品と一言に言ってもかなり沢山の種類があります。
ペットボトル」「包装容器」「ビニール製品」「プラ繊維」「各種製品の外装」などなど、数え上げたらキリがありません。ここで重要なのは、プラスチックも用途によって材質が全て異なっているという点です。

ペットボトルでもキャップとボトルで材質が違うように、包装容器とビニールでは材質が違いますし、プラ繊維や外装ではかなり異なった材質のプラスチックが使われています。

材質が異なればリサイクルの方法は異なりますし、回収の方法や業者も変わってくるでしょう。しかし、日本のリサイクルではペットボトルだけが明確に区別されています。残りのプラスチック製品もある程度は区別されているものの、基本的にはまとめて収集されています。

実はペットボトル以外のプラスチック製品は回収後に更に細かく分別されています。そして、物によっては焼却して発電に利用されていたり、分解して化合物として使われたり、資源化してリサイクルされるようになっていて、ペットボトルとはまた違ったリサイクル過程を辿ります。

後で分別されるならペットボトルもまとめて回収すれば良いと思うでしょう。確かにそれもできなくはないのですが、ペットボトルは規格や材質が統一しやすく、ペットボトルだけで回収すると後のリサイクル工程が非常に効率的になり、リサイクル製品の品質も非常に高くなります。

ペットボトル以外のプラスチックごみはリサイクルの過程である程度分別されるものの完璧ではなく、ペットボトルのリサイクル製品と比較して品質に劣ります。そのため、廃棄の段階でプラスチックを分別するようにしているのです。

では、プラスチックだけ最初に分別されているとどうなるのでしょう?

まず、回収されたペットボトルは一旦運びやすいようにプレスされ(しないケースもある)、リサイクル工場に運ばれてから機械を使って金属片などの異物を除去します。その後にバラバラに破砕され、洗浄されます。

また、破砕洗浄に合わせてキャップとボトルの比重分離が行われ、キャップのプラスチックとボトルのプラスチックが分別された状態で集められ、プラスチック製品を作る工場へと送られます。

そうです。キャップとボトルは工場で分離できるのです。

ボトルキャップとペットボトル本体を分離できる理由

Recycle
(海外のリサイクルボックス)

実は、キャップに使われているプラスチックであるポリプロピレン(PP)とポリエチレン(PE)は水より軽く、一方でボトルに使われているポリエチレンテレフタレート(PET)は水より重いのです。つまり、水に浮くか沈むかでキャップとボトルの素材は分離可能です。

試しにペットボトルとキャップを水の中に沈めて見て下さい。キャップは浮いてきますが、ボトルは沈んでいくはずです。ただ、ボトルの中に空気が入っているとボトルも浮いてくるので気をつけて下さい。工場ではバラバラにされてから分離されるので問題ありませんね。

また、金属とプラスチックの性質が全く異なることから分離は容易で、上図のように海外のリサイクルボックスではまとめて回収してしまうケースも多いです。日本と海外ではゴミの流通システムが違うので真似出来ませんが、まとめて捨てられるなら捨てられた方が効率は良いですね。

さらに、キャップを外すとボトル側に残る開封確認リングはボトルから外せないことが多く、廃棄時にリングを完全に外してリサイクルするのは困難です。工場側でキャップ素材とボトル素材を分別するシステムがなければ結局のところキャップの素材が多少ボトルに混ざることになってしまうため、品質の高いプラスチック製品は作れません。

キャップとボトルが分類できると聞くと、「ペットボトルとキャップは素材が違うから分けて回収する」のだと思っていた方は少し驚くかもしれません。もちろん、それも間違いではありません。比重分離が行われると言っても100%完璧ではありませんし、キャップ素材が少なければ少ないほど作業の効率や品質は良くなります。

ただ、「多少混ざっていても良いなら分別する意味がない」と思うでしょう。確かに実際のリサイクル過程だけを見ると、キャップが多少混ざっていたところで問題はありません。しかし、ゴミの回収からリサイクル工場に送られるまでの過程を見ると、なかなかそうも言えないのです。

(次ページ:ボトルキャップを分別して回収する理由)