人工知能に奪われる4種の仕事!ロボットや機械によって消えてなくなる職業とは?

Pocket

今後数十年の間に人工知能やロボット工学が飛躍的に進歩し、人の代わりに仕事をするようになると言われています。そうなると必然的に人の仕事が奪われ、職を失う人が出てくるでしょう。野村総合研究所の試算では、20年後には実に労働人口の半分がロボットに代わるとされています。つまり、二人に一人はロボットのために今の仕事を失います

技術の進歩で人が仕事を失うというのは今に始まったことではありません。しかし、人工知能の発達はそれの比ではないのです。単純作業しか出来なかったロボットが知性を持ち、今まででは考えられなかったような知的労働の世界にまでロボットが進出してきます。そこで、各種研究機関や報道機関の調査を参考に、今後数十年の間に消える仕事について考えてみたいと思います。

大きく分けて4分野の仕事が消える

二人に一人が仕事を失うとは言え、なんでもロボットが変われるわけではありません。創造的活動や学問分野は人工知能で代替することはまだまだ難しいですし、人工知能が代替してもどこかに人の手が入るものです。

人工知能に代替しやすい業種とそうでない業種がある中で、どの仕事が人工知能に奪われやすいのでしょうか?

特に奪われやすいのは「マニュアル化がしやすい業務」や「同一ルーティンの仕事を繰り返す業務」であり、大きくわけると以下の4つ分野に集約されます。

  • 補助系」 -事務・受付・助手など
  • 維持系」 -監視・警備・保守など
  • 運転系」 -輸送・交通・収集など
  • 製造系」 -建設・生産・作業など

理由や細かな職種について後述しますが、これは大まかな分類であり、分類された職種の中にも人工知能やロボットに代替されないものは多数あります。そもそも、人の方がコストパフォーマンスにおいてメリットがあれば代替できても人を使うでしょう。

しかし、肝心の人工知能やロボットを作る製造業の現場が最も早く人工知能やロボットに置き換わる事を考えると、ロボットの製造・運用にかかるコストが人件費を下回るのは時間の問題です。

加えて、少しでも人件費が高くなればロボットに置き換える選択肢があるというのであれば、人が安い賃金で働かされる事も考えられます。どちらにせよ、人間にとって良いことではありません。

早い内に別の分野に転向するべきだということではなく、どうして自分の仕事が人工知能に置き換えられてしまうのかを考え、人工知能には出来ない立ち位置を確保するのが大切です。それについてもこれからご説明していきましょう。

仕事の補佐がメインになる仕事は消える

  • 事務系 -「事務処理」「データ入力」などの業務
  • 接客系 -「飲食店の接客」「商店舗の接客」「受付係」などの業務
  • 助手系 -「情報収集と整理」「機材準備」などの業務

いわゆる、客や上司や担当者から「指示された業務を忠実にこなす」タイプの仕事は人工知能に奪われやすくなります。

事務処理系の業務はその典型です。指定されたフォーマット通りに記入されているかを確認し、それをマニュアル通りのプロセスで処理するという作業に関しては人工知能が圧倒的に正確で早いです。今までの機械では柔軟性が無くて難しかった事務処理も、認識能力や判断能力が進化した人工知能であれば問題なくこなせるようになるでしょう。

接客の業務では、時に応対する客の要求に応じて臨機応変に対応する必要がありますが、これは最初から「裁量が限られている」業務です。店長や上司に許可されている範囲内で仕事をするためマニュアル化や経験学習が可能です。自身で学び成長する人工知能であれば十分に臨機応変な対応が可能でしょう。

ただ、この場合の接客とは主に「レジ係」「受付係」「給仕係」などを指します。紛らわしいのですが美容師や整体師などのサービスを提供する仕事は「サービス業」と分類するためここでは接客業から除外しています。また、クラブやバーなどの店員による「接待」が行われるような業種もサービス業です。これらのサービス業は人間であることが重要なため、人間に置き換わっていく可能性はやや低くなります。

一方、助手の業務というと何の仕事がよく分かりませんが、実はかなり幅広いです。「◯◯助手」という職種は助手職ですし、助手という名前がついていなくてもアシスタント系の仕事は助手職と考えられます。多少スキルや知識が必要な助手職だったとしても、補助的な作業は人工知能とロボットによって十分代替可能なものです。サポートする相手に合わせて最適なサポートを提供できるようになった人工知能には勝てません。

人工知能やロボットに仕事を奪われないために大切なことは、「言われた事をするだけの仕事」で終わらせないことです。

相手をよく観察し、一歩先を読んで「言われる前に出来る」ようになれば人工知能に代替できないユニークなスキルとなるでしょう。また、模範的なサポートを提供することで、人工知能に「教える」立場になるというのも一つの手です。

(次ページ: 維持系と運転系職も人工知能に奪われる)