日本武士と西洋騎士の強さを徹底比較(5):総合比較、結果的にどっちが強い?

Pocket

過去4回に渡って比較してきましたが、そろそろ武士と騎士はどっちが強いのかについての議論に決着をつけたいところです。しかし、比較するにしてもいろいろと条件を決めなければなりません。

互いに別の文化と目的の中で育ってきた存在であり、例えるなら飛行機と車のどちらが便利かという質問に近いです。この場合、海外に行くなら飛行機ですが、近場にいくなら車が便利という結果になるでしょう。武士の騎士の比較でも似たような問題がありますので、条件についてはかなり細かく精査していきます。

結果が比較的明らかなケース

細かく比較する前に、こんなケースなら結果は明らかだよね。というのを幾つか挙げていきたいと思います。どのケースでも、相手があまり想定しないような戦いになるため、フェアな戦いにはなりません。

攻城戦 → 騎士

まず、日本の建物は大半が木材で作られており、これは石垣を除けば城も同じです。一方で西洋は大半が石造りであり、圧倒的に堅牢に出来ています。さらに、西洋の攻城兵器は堅牢な城を破壊できるように様々な兵器が開発されており、破壊力もかなりものです。

武士と騎士が互いに攻城戦をやれば、勝つのはほぼ間違いなく騎士でしょう。ただし、日本の城が建物が木製なのは地震に対しての耐久力が高いからで、石造りの建物は地震に対して極めて脆弱です。日本で互いに城を作って勝負するとなれば、地震が来てから攻めれば武士が勝てそうですね。

ジョスト(馬上槍試合) → 騎士

離れた場所から騎馬に乗ってランスで突き合う形の一騎打ちです。この場合、馬の上から落ちた時点で負けという判定になるため、騎士は歩かない前提で一人で起き上がれないような分厚い鎧を着ています。

もし、この形式の一騎打ちをやろうなんて話になったら武士に勝ち目はありません。馬のサイズも違うし、槍や防具の威力も違います。いっその事、槍を投げれば良いんじゃないですかね。

居合い戦 → 武士

お互いに納刀した状態から刀を抜いて決闘する形の一騎打ちです。普通は初撃で決着がつきますが、決着がつかなければそのまま斬り合いが始まります。武士の刀は抜刀術に最適な形状になっており、抜刀速度や抜刀術においては武士の右に出るものはいません

鎧を着ていない状態ならもちろんのこと、鎧を着ていたとしても騎士はかなりの苦戦を強いられるでしょう。鎧を着ていると騎士の抜刀速度は大分遅くなりますので、初撃に耐えられても初撃で斬られる部位によっては大きなハンデを背負います。ロングソードで戦うのは少々厳しいでしょう。

一騎打ちの場合

強さを比較するなら、互いに最高の装備を整えた武士と騎士が一騎打ちをすれば良いはずです。もちろん、互いに武器の扱いに長けた達人が戦います。

リング上で一騎打ち → 騎士

剣道やフェンシングのようなイメージで、定められた場所で互いに鎧を着て自由に武器を持って戦います。相手を殺害したら勝ちとしましょう。飛び道具はナシです。武士は槍を両手に持ち、腰に刀の一択です。

騎士はハルバードにロングソードか、盾にハンマー系か迷うところですが、どのケースでも騎士が有利でしょう。仮に互いに両手剣のみだったとしても、騎士が有利と考えられます。どんな武器を選んだとしても、平地の狭い場所で戦うとなれば騎士は相手に専念できますし、大盾を持ってじわじわとコーナーに追い詰めて機動力を削ぐような戦い方も出来るでしょう。

武士の鎧に対して騎士の武器の大半が有効ですし、武士の刀や槍の完成度が高いとはいえ騎士の防御力は十分です。足場の心配もなく、逃げ場のないリング上では、最悪鎧や盾の重量を活かした体当たりで決着がつきかねません。そもそも、大盾で半身を隠してパイクで突かれたら手も足もでないでしょう。

一応、武士も装甲の隙間を狙った攻撃や槍による鋭い突きで騎士を倒すことが可能ですが、百戦やって勝ち越せるかと言われるとそれは難しいと言わざるを得ません。

広大なフィールドで一騎打ち → 武士

次は実践形式のなんでもありの一騎打ちを考えてみます。馬に乗っても良いですし、飛び道具もありです。場所は自然の中で、どこに行っても良いという形です。

すると、武士は弓騎兵を選択することになるでしょう。一方で、騎士は重騎兵となります。この場合、槍を持って突き進んでも逃げながら弓を放つ武士に中々追いつけません。最悪、馬をやられてなぶり殺しに合うでしょう。重騎兵と弓騎兵の戦いは弓騎兵が有利であることは歴史が証明しています。

フルプレートアーマーが弓で抜けるのかという話ですが、遠距離では抜けませんが十数メートル前後の距離であれば最も分厚い胸甲でも抜けるという実験結果があります。和弓による実験ではないので威力に優れる和弓であればより良い結果が出るでしょう。また、馬の鎧はそこまで分厚くないので馬を狙っても良いですし、弓で抜けないほど遠い距離から当てるのは難しいので抜けるかどうかの心配は必要なさそうです。

飛び道具を持つ相手に槍で向かっていくのは無謀ですので、重騎兵が弓やクロスボウを持って戦うというかなりアンバランスな選択もできます。しかし、正直フルプレートアーマーを着た状態でどれほど飛び道具を扱えるのか疑問ですし、そういう戦い方をしたという話も聞きません。軽装で撃ちあうとしても、騎射の技量で騎士が武士に勝てるか疑問です。

となると、思い切ってクロスボウを使うという賭けに出るのも良いかもしれません。走りながら装填が出来ませんが、当てやすく高威力なので技量の差は埋まります。ちなみに、射程の差が出るほどの距離ではまず当たらないのでこの場合は無視します。

また、馬や飛び道具を無しにしたとしても視界の悪いヘルメットを被ったまま足場の悪い場所に誘導されたら騎士は負けます。足場が見えるようにバイザーを外すのも良いですが、弱点を晒すことになるので極めて危険です。接近戦が出来れば勝機がありますが、リング上で戦った時ほどの差は出ないでしょう。

(次ページ: 軍隊同士の野戦を比較)