北朝鮮の弾道ミサイル概要(後編)-自衛隊の対策と戦略

Pocket

前編では北朝鮮の弾道ミサイルについて説明しましたが、発展途上のものも含め、かなりの性能を有している事が分かりました。そこで気になるのが日本側の対策です。北朝鮮が日本を攻撃する手段は弾道ミサイルぐらいしかないため、日本と北朝鮮との間に何らかのトラブルがあれば日本が標的になる可能性は高いでしょう。

自衛隊はそれに対し、どのように対抗していくのでしょうか。北朝鮮の弾道ミサイルに対する日本の対策と戦略についてご説明していきます。

前編-北朝鮮が発射する弾道ミサイルの概要-テポドン・ムスダン・ノドンの違い

関連記事:
ミサイル防衛を解説(前編)-スタンダード・ミサイルとGBI
ミサイル防衛の疑問(前編)-高空・高速のミサイルと落とせるか?

自衛隊の基本戦略

zuhyo03010108
(平成26年防衛白書より)

ミサイル防衛の概要や兵器については別途解説記事を参考にして頂くとして、大雑把に自衛隊のミサイル防衛戦略を説明すると上の図のようになります。

高空にある場合にはイージス艦による「スタンダードミサイル3(SM3)」で迎撃し、落ちてきた場合には予め配置しておいた「パトリオット3(ペトリオット、PAC-3とも)」で撃墜するという流れです。どちらも高い命中率を保持しており、改良も続けられています。

各々の特徴として抑えておくべきなのは、「スタンダードミサイル3」は高空・広範囲をカバーできる一方で、落下直前のものは狙えないこと。「パトリオット」は落下直前の目標を多数・正確に撃ち落とす事が出来る一方で、範囲が狭く予め落下地点付近に展開しておく必要があることなどでしょう。

また、ミサイルの発見・追跡には地上に設置されたレーダー施設やイージス艦、場合によっては早期警戒機を活用します。弾道ミサイルはある程度の高度まで上がってくれないと見つけられませんが、発見できれば確実に追跡できるでしょう。

問題はこれらの戦術が北朝鮮の弾道ミサイルに通用するかどうか。それについて、それぞれのミサイル毎に解説していきます。

「テポドン2号」-イージス艦が中心となって対応

「テポドン」は長射程の大陸間弾道ミサイルです。迎撃ミサイルが届かない高さまで飛び上がり、撃墜困難なスピードで落ちてきます。

それでも、ちゃんと備えておけば「スタンダードミサイル3」と「パトリオット3」なら対応可能な目標です。しかし、日本のどこにでも落とせるミサイルなので落下予測地点にパトリオットを展開させておくのが難しく、広い範囲をカバーできるイージス艦の「スタンダードミサイル3」に頼ることになるでしょう。

どんな軌道で飛んでくるか分かりませんが、射程に余裕があるのでかなり高い高度にまで上昇する事が予測されます。勢い良く落ちてくるので速度も相当なものです。迎撃不可能な高度に上がる前に撃ち落とすか、落下を始めて最高速度に達する前に撃ち落とすという戦い方になるでしょう。

なかなか厄介ではありますが、幸い北朝鮮は「テポドン」を一度に沢山撃てるほどの態勢は整えられていません。また、巨大なサイロや打ち上げ施設から打ち上げる必要があり、発射位置が把握しやすい上に液体燃料を使用しているので準備にも時間がかかります。他の弾道ミサイルと組み合わせた場合はともかくとしても、早期発見が容易なためイージス艦が注力すれば十分に防げるのではないでしょうか。

「ムスダン」-イージス艦とパトリオットの連携が鍵

「ムスダン」は日本全土を射程に収める中距離弾道ミサイルです。「テポドン」と違ってある程度の数を撃つことが可能であり、射程が短くなる代わりに迎撃が難しくなる高高度軌道(ロフテッド)や低高度軌道(ディプレスト)を用いて、ミサイルを日本に撃ち込むことができます。

「テポドン」よりも多くの数を揃える事ができるというだけではなく、車輌や船舶に搭載して発射が可能であることも脅威です。このため発射位置が決まっておらず、特定の場所を監視していれば良いというわけでもありません。発射用の車輌とミサイルを大量に用意すれば飽和攻撃も可能であり、迎撃ミサイルで迎撃するのが最も難しい弾道ミサイルと言えます。

また、ムスダンは液体燃料型で事前に燃料を入れて準備する必要がありますが、車輌型なので屋内で準備してから移動する形で発射可能で、発射準備を事前に察知するのも難しいです。

これを迎撃するためには、イージス艦とパトリオット部隊との連携が重要になります。日本のどこにでも落とせるとは言え、パトリオット部隊が展開していないエリアに飛ぶミサイルをイージス艦が優先的に落とすことで、パトリオット部隊の守備範囲をフォローする事もできるでしょう。様々な軌道で多数の弾道ミサイルが飛んできた場合には、「誰がどれを落とすのか」を明確にし、役割分担しながら迎撃することが重要になるでしょう。

幸い「ムスダン」は2016年の時点では技術的に成熟していないため、今すぐ脅威になることはありません。迎撃ミサイルを改良し、イージス艦の配備数を増やし、連携を高める訓練をしていけばなんとかなりそうです。

(次ページ: ノドン・ムスダン・スカッド・潜水艦発射ミサイル)