目覚ましガジェットの総まとめ-絶対に起きられる時計がきっと見つかる!

今まで5回に渡って目覚ましガジェットの特集を組んできましたが、全て合わせるとかなりの数になってしまいました。そこで、全てのガジェットをまとめてご紹介していきたいと思います。

詳しい説明は個別記事を見ていただくとして、「どんな目覚ましガジェットがあるのか」「自分に合った目覚まし時計はどれなのか」などなど、読者の方々が胸に抱いた疑問に答えられるにまとめていきます。

[—続きを読む—]

アロマの香り、耳栓機能、防災用、おしゃれな目覚まし時計「ELEGIANT/Hushなど」-目覚ましガジェット特集(5)

ここまで4回に渡って目覚ましガジェットを紹介してきましたが、「体に直接刺激」「光を活用」「音と振動」「ネタやおもちゃ」に分類されない目覚まし時計も沢山あります。「音や振動」のように分類としてメジャーではないもののニッチなニーズを抑えていたり、元々は別の用途で使われてるものだけど目覚まし時計の機能を追加したら面白い商品になった。なんてガジェットは沢山あります。

そこで、本記事では「香りを駆使」「耳栓としても使える」「電池要らずの防災用」「Bluetooth搭載でおしゃれ」な目覚ましをご紹介して行きたいと思います。

[—続きを読む—]

ネタ?おもちゃ?楽しく起きる変わった目覚まし時計「NANDA/TOCKY/BOMB」-目覚ましガジェット特集(4)

今までに「電気」「」「音と振動」を駆使する目覚ましガジェットをご紹介してきましたが、中には「欲しいのはそういう本格的な目覚ましじゃない」なんて人もいるかもしれません。

朝が辛いとはいえ「電気や爆音」で起こされなくても起きられるという人が大半でしょう。そんな人が欲しいと思うのは、「ちょっとした朝の刺激になるネタ、もしくはおもちゃ系の目覚まし」なのではないでしょうか。そこで、寝坊がちな友人にネタでプレゼントするのにも使えそうな、変わった目覚まし時計をご紹介していきます。

[—続きを読む—]

空気とベッドを震わせろ!音と振動で起こしてくれる目覚まし時計「RAIDEN/ソニックシェーカー/ソニックボムなど」-目覚ましガジェット特集(3)

快適な目覚めをサポートするガジェットの中には「電気ショック」を与えるものもあれば、「耳の中に光を当てる」ようなものまであります。しかし、こうしたガジェットは目覚ましのガジェットの中でもかなり異質な部類に入るでしょう。今までの目覚まし時計では物足りなくなった人には良いかもしれませんが、純粋に「新しい目覚まし時計が欲しい」と考えている人にとっては行き過ぎたガジェットです。

そこで、今回はシンプルに「音と振動」だけで起こしてくれる「一見すると普通にみえる」目覚まし時計を紹介します。これらは、基本的には普通の目覚まし時計と機能は変わりません。しかし、「隣近所に迷惑がられるレベルの大音量」を出す時計や「ベッドがブルブルと震えるほどの振動」を生み出す目覚まし時計です。

[—続きを読む—]

光を使って人を起こす目覚ましグッズ「inti/mornin/VALKEE2」-目覚ましガジェット特集(2)

「光を浴びる」というのは、体内時計のリズムを整える上で非常に重要なことだと言われています。光を浴びることで睡眠を促す脳内物質であるメラトニンの発生を抑え、覚醒を促すセロトニンの働きを活発にします。朝目が覚めたらカーテンを開けて光を浴びるのが良いとされるのはこのためだったのですね。

しかし、問題はカーテンを開けるまでにそもそも布団から出られないということ。部屋のライトをリモコンなどでつけるのも良いですが、人間の体内時計をリセットするには明るさが足りないそうです。もちろん、点けないよりはマシですが効果は今ひとつ。そういう時に使われるのが、「光を使って人を起こす」タイプの目覚ましガジェットです。騒音や電気ショックを使わなくとも、強い光で自然に起きられるのならそれに越したことはありません。それでは一体どんなものがあるのか、ご紹介していきましょう。

[—続きを読む—]

体に直接刺激を与える目覚ましグッズ「Pavlok/Sleeptraker/やすらぎ100」-目覚ましガジェット特集(1)

朝眠いけどなかなか起きれない。そんな人は多いでしょう。皆さんスマートフォンの目覚ましアプリを使ったり、目覚まし時計を買ったりするわけですが、簡単に起きれる人は簡単に起きれる一方で、起きれない人は全く起きれません。最近では様々な目覚ましガジェットが作られるようになっており、変わったものも沢山あります。

そこで本記事では、「体に直接的な刺激を与える目覚ましガジェット」をテーマに面白い目覚まし時計を紹介していきます。中には「電気ショックを与えるもの」や「体を無理やり起こすもの」もあり、「これなら絶対に起きる!」というガジェットもあります。ちょっと値が張りますが、それだけの価値はありそうですよ。

[—続きを読む—]

タイプライターは意外と手に入る!最新型?はかなり高性能だった

タイプライターといえば、インクのついた帯(インクリボン)に活字のスタンプ(ハンマー)を押し付けて紙に文字を打ち込んでいく機械。その歴史は古く、19世紀から西洋を中心に広く使われてきました。文字が刻印された専用のスタンプが必要なことから、平仮名・カタカナ・漢字と三種の文字が必要な和文ではそこまで広く用いられなかったものの、ワードプロセッサー、いわゆるワープロが登場する1980年代までは、英語・カタカナによる文書作成に関してはタイプライターが主流でした。

もちろん、コンピューターとプリンターが当たり前になった現代ではまず使われていませんが、コンピューターやワープロに完全に代替される直前のタイプライターは意外と高性能です。日本語はともかく、英語の場合は短文の印刷はタイプライターを通した方が早いこともあり、カーボンコピーのある伝票の印字などにタイプライターを未だに使っている人もいます。果たして日本人に需要があるかは分かりませんが、そんなタイプライターについて簡単にご説明しましょう。

[—続きを読む—]

冷風機と冷風扇と窓用エアコンは何が違う? 利点と欠点と使い方をしっかり解説!

夏になるとエアコンがフル稼働します。しかし、エアコンが体に合わないという人や作業場にエアコンが無いなんてことが良くあります。新しくエアコンを買う程のお金もないし、電気代がかかるの嫌。扇風機では力不足。そんな時に選択しに上がるのが、「冷風機」「冷風扇」「窓用エアコン」なのではないでしょうか?

しかし、これらはどれも利点もあれば欠点もあるクセのある一品。正しく使えば非常に使い勝手が良いのですが、使い方を間違えると無用の長物どころか全くの逆効果になることすらあります。そんな冷却用電化製品について、簡単に解説していきましょう。

[—続きを読む—]

SSDと物理メモリは何が違うか、揮発性メモリと不揮発性メモリ

 家電量販店や通販サイトでパソコンの性能を見る時、こう思ったことはないだろうか。
 「メモリが4ギガバイト、ストレージが750ギガバイト。同じギガバイトの単位で表される性能がどうして別々に2種類あるのだろう?」

 ストレージは最近ではギガバイトより上のテラバイトに届くものも多くなってきたが、バイトとはつまりデータの大きさの単位。パソコンの性能を表す時は、保存しておけるデータの量と考えて差し支えない。
 しかしそう考えると疑問は深まる。メモリの数字もハードディスクの容量も保存できるデータの量を表しているなら、どうして分ける必要があるのだろうか。

 その答えは、メモリとストレージの機能の違いにある。基本的には同じ「データの倉庫」であるメモリとストレージだが、パソコン内で果たしている機能と、何よりその仕組みには大きな隔たりがあるのだ。

[—続きを読む—]

除湿と乾燥と水蒸気:除湿機はどのようにして空気中の水分を集めているのか?

湿度と言うのは、気温と空気中に含まれる水分の量によって変化します。洗濯物を乾かしたり、過ごしやすい湿度に変えたりする際には気温や空気中の水分量を変化させる必要があります。

エアコンや暖房で気温を変える事は出来ますが、暑い日に温度を上げるわけにはいきませんし、寒い日に温度を下げるわけにはいきません。すると、湿度の調節は必然的に空気中の水分量を変化させる事によって行うことになります。

では、除湿するために空気中の水分を集めて下さいと言われたらあなたならどうしますか? 本記事では水の性質と共に、除湿機の仕組みついてご説明します。

[—続きを読む—]