寄生虫フィラリア-オンコセルカ症や象皮病を引き起こす人を狙った寄生虫の生態とは?

1510064

フィラリアという寄生虫をご存知でしょうか?

今日の日本では滅多に見られなくなった寄生虫ですが、かつては日本でもよく見られ、あの西郷隆盛が羅患していたことでも知られています。また、現代でもアフリカ大陸を中心に広く発生している寄生虫であり、フィラリアの一種である回旋糸状虫によるオンコセルカ症の治療薬を開発したことで大村智さんがノーベル賞を受賞したことでも話題になりました。

そんなフィラリアにも様々な種類がありますが、その多くが蚊・ブユなどの吸血生物を媒介にして感染を広げていく特徴があります。そして、中には人間だけをターゲットにした恐ろしいフィラリアもいて、感染後に適切な処置を施さないと重篤な疾患を引き起こし、人間にとっては非常に危険な寄生虫です。

[—続きを読む—]

不治の病(2): 死ぬまで治らない恐るべき感染症-「狂犬病・プリオン病・エイズ」

31784da212beb1b8b5763f6724f2ea71_s

感染症とは、ウイルスや異常タンパクなどの病気の原因となる病原体が他の生物を通じて人に感染する病気のことです。世界には千を超える病原体が知られていますが、その中で人を死に至らしめることのできる感染症は百を超えます。中には「治療法が存在せず、必ず人を死に至らしめる感染症」というのが存在しています。

致死率99%と言われている狂犬病、原因やメカニズムすら理解されていないプリオン病、人の免疫力を無力化するエイズ。エイズに限ってはウイルスの繁殖を抑えられるような薬が開発されため、必ず死に至る病とは言えなくなりましたが、根治は困難であり、薬を飲み続けなければ死んでしまうでしょう。

そんな恐ろしい3種の感染症についてご紹介していきます。

[—続きを読む—]

不治の病(1):緩やかに死に至る神経系疾患-「脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)」

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_s

人は生きていれば必ず死ぬものです。それでも、出来ることなら長生きしたいと思うはず。そんな人々を絶望の淵に追いやるのが治療方法が確立されていない不治の病です。

治療が困難な不治の病と呼ばれる病気にも様々なものがありますが、特に神経系の病気には治療が困難なものが多く、緩やかに症状が進行して死に至るケースが多々あります。中でも、映画「1リットルの涙」で話題になった「脊髄小脳変性症」やルー・ゲーリック病とも呼ばれる「筋萎縮性軸索硬化症(ALS)」などはこれといった治療法が見つかっておらず、「必ず死に至る病」と言っても過言ではありません。

本記事では、厚生労働省の特定疾患にも当たるこれらの病気に焦点を当てて、病気について簡単にご紹介していきます。

[—続きを読む—]

盲腸は切っちゃダメ?要らない子と呼ばれた虫垂の大切な役割

Human_alimentary_canal

虫垂炎、通称盲腸として知られている病気だが、機能的に要らないとされていた虫垂の疾患であったため、今までは切り取ってしまうのが一般的であった。

それが、21世紀初頭の研究で、「もしかしたら必要かもしれない」と言う所までは分かっていたが、それがどのくらい重要なのかが分かっておらず、健康な虫垂を他の手術のついでに切り取る様な事は減ったものの、「無いよりはマシ程度なら、邪魔になったら取れば良い」と言う全体の風潮は変わらなかった。

しかし、今年4月の大阪大学の研究で、虫垂が人体にとって確実に必要な組織であり、さらに切り取ることで別の疾患を引き起こしやすくなることが明らかになった。

[—続きを読む—]