高齢者の運転と若者の運転はどっちが危険?統計から見る事故件数

16111901

高齢者の事故が増えており、免許返納や高齢者が運転することに対する是非についても議論されるようになりました。免許更新時に認知症のチェックなどを行う試みも始まっていますが効果は限定的です。 

仮に判断力が落ちて運転が難しくなったとしても、公共交通機関の発達した首都圏ならともかく、車がないと不便な地域で車を手放すのは難しいでしょう。そもそも、本当に高齢者の運転は本当に危険なのでしょうか? 平成27年における警視庁の統計を基に詳しく調べてみました。

[—続きを読む—]

スマホ運転、漫然運転、スピード違反、飲酒運転の中でどれが一番危険?

1606251

交通事故の原因には色々あります。ちゃんと運転していても事故を起こしてしまうことはありますが、「スマホを見てた」「ぼんやりしてた」「スピード出してた」「酔っていた」なんて聞くとガッカリしてしまいます。これらは運転手に明らかな過失がある事故原因の一例になります。どれも危険な運転で注意が必要なことには変わりありません。

しかし、どれが一番危険なのでしょうか? 事故原因の統計や最近の研究などから調べて見ました。

[—続きを読む—]

自転車の危険運転で捕まらないために、安全運転に必要な15の事

1506101

2015年6月1日より改正された道路交通法で、悪質な自転車運転者に対する講習の義務付けや罰則の規定が追加されました。その結果、警察の取り締まりも厳しくなり、多くの自転車運転者が検挙されているようです。

何年も運転している習慣が間違っていたり、道路交通法違反だとは知らずに違反しているケースも多く、多くの自転車運転者を困惑させています。

そこで、自転車の運転者がやりがちな15の違反をピックアップして、安全運転をするためのポイントをまとめてみました。

関連記事:
自転車の悪質運転で即摘発! 改正道路交通法のポイントを整理

[—続きを読む—]

自転車の悪質運転で即摘発! 改正道路交通法のポイントを整理、5万円の罰金や運転者講習の強制受講

1506051

2015年6月1日に改正道路交通法が施行され、自転車に関する新たな取り締まりのルールが規定されました。

この改正道路交通法が施行以降、次々に自転車の運転者が摘発され、既に複数回摘発されてしまっている運転者もいるようです。一体、この改正道路交通法では何が変わり、自転車の運転者は何に気をつけて運転していくべきなのでしょうか?

本記事では、6月1日に施行された改正道路交通法の中で、自転車の運転に関わる重要なポイントについてご説明していきます。

[—続きを読む—]

信号機の無い環状交差点ラウンドアバウト、改正道交法が施行。ルールはご存知?

20140901-2

信号機の無い交差点って見たことありますか?
ええ、そうですね。地方の田舎道の交差点とかには、信号機無かったりしますよね。

ですが、ラウンドアバウトと言う交差点は、交通量が比較的多く、さらに事故の危険性が高い場所に設置されます。場合によっては、車線が5つや6つ合流しているような交差点に設置されるんです。まさか、と思う人もいるかもしれませんが、「ラウンド」「環状」というのが示す様に、この交差点は円形なんです。

その円形の交差点を通行する際に守らなければいけない道交法が2014年9月1日から施行されました。
皆さんルール、分かっていますか?

[—続きを読む—]