弾道ミサイル防衛を素人向けに解説(後編)-パトリオットとTHAADミサイル

Pocket

前編では「スタンダード・ミサイル3」と「GBI」について解説しましたが、これらは全て大気圏外をミッドコース(中間)段階の迎撃方法です。これは大気圏外での迎撃に特化しており、大気圏内に突入した場合には別の方法が必要になります。

それがターミナル(終末)段階で使われるパトリオットやTHAADミサイルです。後編では、その他に「迎撃ミサイルを爆発させずに直撃させる理由」や「ミッドコースとターミナル」を合わせたミサイル防衛戦略について簡単に触れていきましょう。

・前編-弾道ミサイル防衛を素人向けに解説-スタンダード・ミサイルとGBI

着弾直前の「ターミナル段階」で迎撃する

ミッドコース段階は大気圏外での迎撃でしたが、ターミナル段階では大気圏内もしくは付近での迎撃になります。

ターミナル段階でもスタンダード・ミサイル3などを使えないことは無いのですが、やはり大気圏内と大気圏外では要領が異なりますし、求められる能力も違います。そもそもターミナル段階はほんの一分足らずであり、着弾地点から離れた場所から迎撃ミサイルを発射しても間に合いません。

このターミナル段階における迎撃で克服しなければいけない課題は二つあります。

一つ目は、着弾地点付近に迎撃ミサイルを配備しなければならないこと。

二つ目は、瞬時に弾道ミサイルに向かって飛翔する能力があること。

このターミナル段階で求められるのは「機動力」と「瞬発力」です。どのような迎撃兵器が存在するのでしょうか?

大気圏内で迎撃する-「パトリオット・ミサイル(PAC-3)」

ターミナル段階で迎撃するための迎撃ミサイルがパトリオット・ミサイル(PAC-3)です。

車輌で牽引可能な兵器ですが、実際に運用する際にはミサイル発射機の他に、レーダー車輌や管制車輌など、合わせて十両近い車輌が必要になります。

ただし、一箇所に全ての車輌が固まっている必要はなく、ケーブルや無線が届く範囲であれば比較的ばらけて展開可能です。

広場や公園などに管制車輌らを展開し、見晴らしの良い場所にレーダーと電源車を設置、要所要所に複数のミサイル発射機を配備すれば準備完了です。

一台一台はそれほど大きな車輌ではないため素早い移動が可能で、日本全国どこにでも展開できます。

パトリオット・ミサイルは射程自体は極めて短い(20km程度)ものの、瞬間的に加速して目標に到達し、弾頭を直撃させることで弾道ミサイルが着弾する直前に撃墜します。メカニズムとしては一般的なミサイルとさほど変わりませんが、普通のものより小型で機動性が高く、高空でも機動性を失わないように、横方向にも推進装置(スラスター)が搭載されています。

優秀な迎撃ミサイルではありますが、大気圏内でミサイルを撃墜する都合上、核弾頭に搭載されている放射性物質が降り注ぐリスクがあります。

また、射程が短く迎撃時間も一瞬のため、配置を間違えれば迎撃できません。あくまで、重要な施設や都市の防衛のためだけに運用される最終防衛ラインを守る兵器です。

ちなみに、スタンダード・ミサイルは海上自衛隊が運用するのに対して、パトリオット・ミサイルは陸上自衛隊が運用する兵器になります。実際の迎撃では、両者の連携が非常に重要になるでしょう。

大気圏外で迎撃可能-「THAADミサイル」

THAAD-2nd-Launch

大気圏内で迎撃すると放射性物質が飛散するわけですが、大気圏外であれば大気圏突入時に放射性物質は燃え尽きます。そのために作られたのがTHAADミサイルです。

ターミナル段階で迎撃する兵器ではありますが、大気圏突入前に撃墜するのが特徴です。場合によってはミッドコースに分類されることもあるのですが、ミッドコースに比べると迎撃チャンスが極めて短く、大気圏の境目に入った瞬間迎撃するミサイルと考えれば良いでしょう。

スタンダード・ミサイルやパトリオット・ミサイルにも搭載されているように、空気の薄い空間で弾頭を左右上下に制御するための推進装置(スラスター)が搭載されています。

これも車輌で運用が可能な迎撃ミサイルであり、どこにでも配備できるのが強みです。スタンダード・ミサイル3に比べると射程は遥かに短いですが、パトリオット・ミサイルに比べると長射程であり、中間的な運用が可能となっています。

また、大気圏外の弾道ミサイルを的確に捕捉するため、大型で高性能なレーダーを運用するのも強みです。自衛隊でもTHAADミサイル部隊向けに作られた「大型レーダーだけ」を運用している部隊があります。

日本のようにイージス艦にスタンダード・ミサイル3が配備されている場合には敢えて運用する必要はありませんが、スタンダード・ミサイル3を使えない国にとっては大きなメリットがあるはずです。

(次ページ: ミサイルを直撃させる理由)