夫や妻や恋人が浮気や不倫を「しない理由」から、「する原因」を考える

Pocket

あの人が不倫した。この人が浮気した。そんな話をニュースや週刊誌で聞くこともあれば、知人や親戚から聞くこともあるでしょう。そのたびに、皆さん「またか」と思うかもしれません。

「どうせバレるのに、ろくな事にならないのに、どうして浮気や不倫をするのだろう?」
そうして浮気や不倫をする理由や原因を考えてみると、次から次へといろんな理由が浮かび上がってくることでしょう。それらはきっと全て正解です。男性でも女性でも、色々な理由で浮気や不倫をするものです。ですが、「なぜ不倫や浮気をしないのか」について深く考えて見たことはないのではないでしょうか? 

魅力的な人がいて、家族仲が悪くて、「する理由」がいくら沢山あってもそれに優る「しない理由」があれば浮気や不倫はしないはずです。考えるべきは、当たり前のように浮気や不倫をしない人たちが「なぜ浮気や不倫をしないでいられるのか」なのではないでしょうか?本記事では、その「しない理由」を考えることから「する原因」について考えていきたいと思います。

人が浮気や不倫をしない5つの理由

1603252

  • 家族や恋人が大切だから
  • パートナーが怖いから
  • 社会的信頼を失うから
  • 性的欲求をコントロール出来るから
  • 人として間違っているから

他にも細かな理由はいくつかありますが、大きく分けると以上の5つになってくるでしょう。欄外に「出会いがないから」というのも入れたいところですが、今回は議論とはあまり関係がないので除外します。

これらはさらに「外的要因」と「内的要因」に分けられます。「外的要因」は自身の心の中だけの問題ではなく、あくまで浮気や不倫という結果が生み出す要素を理由に「浮気や不倫をしない」のですが、「内的要因」は自身の心の中だけで完結するのでこの二つは分けて考える必要があるでしょう。

簡潔に言ってしまえば、「バレると困るから」しないのか「バレなくても」しないのかということです。

「パートナーが怖い」「社会的信頼を失う」というのは完全に外的要因であり、バレた時のことを考えてやらないというだけ。「人として間違っている」「性的欲求をコントロール出来る」というのは内的要因であり、バレようがバレなかろうが浮気や不倫をしない理由となります。

ただし、「家族や恋人が大切」というのは状況によって内的か外的か分かれます。純粋に「裏切りたくない」という気持ちは内的ですが、「バレたら傷つけてしまう」というのは外的要因になるのです。

内的か外的かというのは特に心理学的な解析アプローチというわけではなく、単純に「バレるかどうかで判断が分かれてしまう」から重要なのです。

多くの場合、これら5つの理由が複雑に絡み合っているため一概には言えませんが、この違いは「浮気や不倫をしない理由」を考える上で無視できない要素になるでしょう。

では、一つ一つの理由について深掘りしていきます。

家族や恋人が大切だから

建前にせよ事実にせよ、「浮気や不倫をしない理由」の中で上位に入ってくるのが「家族や恋人が大切」という理由です。

外的要因で言えば、「浮気や不倫で家族が崩壊する」リスクがありますし、そこまで行かなくても子供がいれば「子供に対する教育上の悪影響」というのは計り知れません。また、「家族や恋人を傷つけてしまう」というのも非常に大きな理由です。

「家族や恋人を悲しませたくない」「泣かせたくない」「辛い思いをさせたくない」
多くの人々がこうした理由で浮気や不倫を踏みとどまります。

こうした思いは誰もが持っているため、通常は大きな抑止力として働きます。

ところが、「家族や恋人にバレない」としたらどうでしょう?

家族や恋人にバレなかったとしても、「裏切りたくない」とか「後ろめたい思い」が心のどこかに残るでしょう。しかし、「実質的に問題になる可能性が低い」となると、抑止力としての働きは非常に弱くなります。

家族や恋人の知り合い相手に浮気したり不倫したりするほどの度胸はなくても、出張中や外国などで、家族や恋人と無関係の相手なら簡単に浮気や不倫が出来てしまうのはこのためです。

しかし、中には「裏切りたくない」「後ろめたい」という気持ちが非常に強く、浮気や不倫に対する強い抑止力として働く人もいます。こうした人はなかなか浮気や不倫をしません。

端的に言えば、パートナーの不在時に携帯や財布の中身を絶対に見ないタイプの人です。また、パートナーとの古い約束をいつまでも守っている人も含まれるでしょう。

それでは、そんな誠実な人がパートナーであれば安心なのかというとそういうことでもありません。というのも、これは単純に「家族が他の相手よりも大切」だから浮気や不倫をしないのです。

「より魅力的な相手」が現れたり、「家族関係に問題を抱えている」などで、相対的に価値が下がっている場合には通用しません。つまり、もっと大切な相手が現れたら終わりなのです。

そのため、「家族や恋人が大切」というのは、浮気や不倫をしない理由としてはかなり「不安定な理由」と言えます。

(次ページ: その他、4つの「しない理由」)