新着記事

ストップモーション作品「Kubo」、映画に息づく伝統工芸-職人の描く日本の姿が世界を魅了する

download

日本を舞台にした新しい映画が今、世界中で注目を集めています。そのタイトルは『Kubo and the Two Strings』。
三味線を手に不思議な術を使う少年クボと彼を狙う悪霊の物語は、一見するとただのCG映画に見えますが、実はこの映画、職人芸といっていいほどの技巧を凝らし、手間ひまかけて制作されたストップモーションアニメなのです。映画の魅力を語るとともに、ストップモーションという技法について見ていきましょう。

[—続きを読む—]


光を使って人を起こす目覚ましグッズ「inti/mornin/VALKEE2」-目覚ましガジェット特集(2)

1609123

「光を浴びる」というのは、体内時計のリズムを整える上で非常に重要なことだと言われています。光を浴びることで睡眠を促す脳内物質であるメラトニンの発生を抑え、覚醒を促すセロトニンの働きを活発にします。朝目が覚めたらカーテンを開けて光を浴びるのが良いとされるのはこのためだったのですね。

しかし、問題はカーテンを開けるまでにそもそも布団から出られないということ。部屋のライトをリモコンなどでつけるのも良いですが、人間の体内時計をリセットするには明るさが足りないそうです。もちろん、点けないよりはマシですが効果は今ひとつ。そういう時に使われるのが、「光を使って人を起こす」タイプの目覚ましガジェットです。騒音や電気ショックを使わなくとも、強い光で自然に起きられるのならそれに越したことはありません。それでは一体どんなものがあるのか、ご紹介していきましょう。

[—続きを読む—]


体に直接刺激を与える目覚ましグッズ「Pavlok/Sleeptraker/やすらぎ100」-目覚ましガジェット特集(1)

1609111

朝眠いけどなかなか起きれない。そんな人は多いでしょう。皆さんスマートフォンの目覚ましアプリを使ったり、目覚まし時計を買ったりするわけですが、簡単に起きれる人は簡単に起きれる一方で、起きれない人は全く起きれません。最近では様々な目覚ましガジェットが作られるようになっており、変わったものも沢山あります。

そこで本記事では、「体に直接的な刺激を与える目覚ましガジェット」をテーマに面白い目覚まし時計を紹介していきます。中には「電気ショックを与えるもの」や「体を無理やり起こすもの」もあり、「これなら絶対に起きる!」というガジェットもあります。ちょっと値が張りますが、それだけの価値はありそうですよ。

[—続きを読む—]


意外と重要な「通信手法」「排熱特性」「磁気特性」-潜水艦の機密情報(3)

0904070038

その1」と「その2」で潜水艦の機密情報において本当に重要な部分は網羅できたかと思います。しかし、潜水艦に関わる情報の中には他にも興味深いものが沢山あります。水中にいながら潜水艦はどのように連絡をとるのか。潜水艦が水中でどのような熱を出すのか。潜水艦が帯びる磁気はどんな影響を与えるのか。

潜水艦の情報としてはそこまで重要ではないけれども無視できない。そんな少し変わった部分について、潜水艦の機密情報についての解説も交えながら、「通信手法」「排熱特性」「磁気特性」について簡単に解説していきたいと思います。

[—続きを読む—]


行動範囲が分かる「潜水深度」「水中速力」「航行時間」-潜水艦の機密情報(2)

0904070033

潜水艦の能力に関する情報で最も重要なのが隠密性を左右する「雑音特性(静粛性)」と索敵能力に関わる「ソナー性能」であることは前回ご説明しました。しかし、潜水艦の能力に関する情報で重要なものはそれだけではありません。

次に重要なものとして挙げられるのが、「潜水可能深度」「水中速力」「水中行動時間」です。これは潜水艦の作戦能力を分ける重要なポイントで、これに関する情報が敵方に渡ると潜水艦の作戦行動に大きな支障をきたします。本記事ではその理由について、簡単に解説していきましょう。

[—続きを読む—]


「雑音特性」と「ソナー性能」がなぜ重要か?-潜水艦の機密情報(1)

0904070037

近年、フランス製潜水艦の情報漏洩に留まらず、日本の潜水艦に対する他国のスパイ活動も話題に上るようになりました。潜水艦は既存兵器の中で最も隠密性の高い兵器であり、その隠密性をなによりの武器として戦います。そのため、潜水艦はその居場所や任務を含めたあらゆる情報が極秘とされており、中でも技術情報は特に重要です。

居場所や任務のような時間が経てば価値を失うような一時的な情報とは違い、技術情報はその艦型が退役しない限り有益な情報となります。場合によっては、新型潜水艦にも同じ技術が用いられることもあり、そうなればその情報は新しい艦型に対しても価値を持ちます。そこで、潜水艦に関する情報の中で「どの情報がどれくらい重要なのか」について、全3回に渡って考察していきたいと思います。

[—続きを読む—]


北朝鮮の弾道ミサイル概要(後編)-自衛隊の対策と戦略

177_25l

前編では北朝鮮の弾道ミサイルについて説明しましたが、発展途上のものも含め、かなりの性能を有している事が分かりました。そこで気になるのが日本側の対策です。北朝鮮が日本を攻撃する手段は弾道ミサイルぐらいしかないため、日本と北朝鮮との間に何らかのトラブルがあれば日本が標的になる可能性は高いでしょう。

自衛隊はそれに対し、どのように対抗していくのでしょうか。北朝鮮の弾道ミサイルに対する日本の対策と戦略についてご説明していきます。

[—続きを読む—]


北朝鮮の弾道ミサイル概要(前編)-テポドン・ムスダン・ノドンの違い

47022152

北朝鮮は毎年のように弾道ミサイルのテストを行なっており、その技術は急激に進歩しています。2016年の時点で「中距離弾道ミサイル」「大陸間弾道ミサイル」「潜水艦発射弾道ミサイル」など、高度な技術が必要な弾道ミサイルの発射テストに成功しており、軌道上に人工衛星を乗せる能力まで獲得しています。

意外な進歩を続ける北朝鮮。本記事では北朝鮮が保有しているミサイルの種類と性能について簡単にご紹介し、日本に与える脅威についても解説していきましょう。

[—続きを読む—]


弾道ミサイル防衛7つの疑問(後編)-突然の飽和攻撃に対処出来るか?

160525-O-AO981-002
HAWAII (May 25, 2016) The Missile Defense Agency and U.S. Navy sailors aboard USS Hopper (DDG 70) successfully conducted two developmental flight tests of the Standard Missile-3 (SM-3) Block IB Threat Upgrade guided missile on May 25 and 26 off the west coast of Hawaii. The flight tests, designated Controlled Test Vehicle (CTV)-01a and CTV-02, demonstrated the successful performance of design modifications to the SM-3 third-stage rocket motor (TSRM) nozzle. The results of these flight tests will support a future SM-3 Block IB production authorization request. This imagery is from the first developmental test conducted on May 25, 2016, designated as Controlled Test Vehicle (CTV)-01a.

前編では「命中率」「高度」「速度」の面から弾道ミサイルの批判について考えてみました。その結果、確かに現在の弾道弾迎撃ミサイルには限界はあるものの、全くの無駄ではないだろうというのが分かったかと思います。

しかし、問題はそれだけではありません。性能的な問題だけではなく、純粋に戦略的な問題が残っています。それが、「突然発射されると対応できない」「大量に発射された場合はどうしようもない」「途中で分裂されたら防げない」「弾道ミサイルも進化する」などといった問題です。後編では、それらの疑問について考えていきましょう。

[—続きを読む—]


救難飛行艇US-2で潜水艦や海賊と闘う理由、その圧倒的な低速性能

us-2_01l

かつては大量に作られた飛行艇ですが、滑走路が整備されるようになった現代では殆ど作られていません。日本、ロシア、カナダ、中国など数えるくらいです。海賊や対潜哨戒に使えると言っても、今ならヘリコプターやジェット機を使えば済む話。

US-2は救難飛行艇として開発され、日本でも離島からの搬送や海難事故での人命救助や人員輸送を目的として運用されています。しかし、US-2の能力が発揮されるのは人命救助の場面だけではありません。海賊との戦いや潜水艦の哨戒にも活躍できるとされています。どうして、時代遅れとされた飛行艇が改めて注目されるのでしょうか?

[—続きを読む—]